# 音楽専門学校で学ぶこと

音楽を一生の仕事にしたいと思っている人は結構多いものです。しかし才能というものが大きく関係をしてくる仕事でもあるのです。才能がなければ、仕事をすることが出来なくなってしまいます。自分の可能性を信じることも大切なのですが、才能の有無についてもしっかり見極めなければいけないのです。音楽専門学校に通って基本的な技術や知識を身に付けるということもあります。その場合には、演奏をするだけではなく、編集をするなど裏方の仕事に徹したいという時にはとても勉強になることばかりです。最近では技術の進歩もあるので、様々な効果をもたらすことが出来る機械が増えてきているのです。機械の取扱方法などは専門学校で学んでおくと良いです。色々なコースがあるので、どのようなコースに進むのかということも考えておく必要も大切なことなのです。

音楽専門学校のさまざまな授業内容について

音楽専門学校には、さまざまな授業内容があります。わかりやすくお伝えしていきたいと思います。まず、音楽の専門学校の中ではさまざまなジャンル別になっています。ミュージシャン、パフォーマンス、ギターリスト、ピアノ、サウンドクリエイター、などさまざまなジャンルがあります。いくつか紹介させていただくと、ミュージシャン科であれば、ヴォーカリストコースやシンガーソングライターコースなどがあり、業界のプロの方から指導をしてもらえることもあるそうです。サウンドクリエイター科などでは、レコーディングコースや作曲家、編曲家などを勉強する授業があります。まさに誰もがあこがれる業界ではないでしょうか。まさに音楽専門学校というのは、あこがれの世界で活躍するための入口であり、スタートではないでしょうか。素晴らしいところであります。ぜひ参考にしていただけたらと思います。

1年間音楽専門学校に通った思い出

クラシック音楽を聴くのが好きで、特にヴァイオリンの音色に魅せられ、様々な演奏家によるコンチェルトやソナタのCDを買い漁っていました。次第に聴くだけでは満足できなくなり、自分でも演奏したくなってきました。そこで、楽器店で初心者用の安価なヴァイオリンを購入し、書店で教則本も購入し、独学で練習を始めました。しかし、どうしても思ったように音が出ず、早くも壁にぶち当たってしまいました。やはり独学で楽器を習うのは難しいと考え、東京の目白にある音楽専門学校に入校しました。受付で希望の楽器を告げると、「男の先生と女の先生のどちらが良いですか?理論的なのは男の先生です。」などと予想外の質問をされました。戸惑いながらも女性の先生を希望する旨を伝え、早速レッスンの開始となりました。レッスンは月1回で、時間は30分でした。女性の先生は優しいという勝手な先入観を持っていたのですが、意外に厳しく、気楽な趣味という乗りではなく本気で取り組む必要がある事を痛感しました。それでも何とか1年間頑張り、それなりに音が出せるようにはなりました。結局、先生が学校を辞めたのを機に自分も辞めてしまいましたが、今にして思えばもう少し続ければ良かったと少々後悔をしています。

「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 伸芽会の教室は東京と関西に20校以上。アクセスも便利で、通い易い環境になっています。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 名門小学校が求める子どもの資質を理解し、合格のための教育を行います。 幼児教育